出逢いと繋がり

出逢いが学びに、繋がりが力に

笑顔に出逢える永福寺
行けば笑顔だ永福寺

悩み・苦しみ・迷い・悲しみから、 強さ・優しさ・人の気持ちがわかる、そんなことを観音様や出逢えた方々が教えをくれる。

そんな出逢いのあるお寺が来福の永福寺

みんなが 笑顔の力をくれる
みんなの笑顔が心を結ぶ
和顔愛語のお寺

宗派を超えて

宗派を超えて、色々なことを学び、出逢う。
他宗派の宗教者との出逢い

教えを頂いている諸先生方

左から
長倉伯博住職 
本願寺派善福寺住職 ・臨床僧侶(チャプレン・ビハーラ)
早島 理教授 
滋賀医科大学名誉教授・龍谷大学大学院特任教授
室寺義仁教授 
滋賀医科大学教授
田畑正久先生 
龍谷大学大学院教授・佐藤第二病院院長

医療と仏教でいのちの終わりを見つめ合う
僧侶として、どのように命に寄り添うか

龍谷大学にて
「終末期医療での僧侶の必要性」「医療者とのコミュニケーション」を学生さんと共に学びました。
滋賀医科大学にて
「医の倫理」「宗教学」を 医学生・看護学生・宗教者の合同講義をしました。
多くの素晴らしい学生を育て見守る教授方は宗教者でもあります。
宗教と学問を同時に学ぶ、この深く尊い時間でありました。
たくさんの皆さんと出逢い、たくさんの教えを頂きました。

聖隷三方原病院・聖隷ホスピスへの訪問

チャプレンの原田裕子牧師さんとの出逢いと学び

臨床宗教の聖地的である聖隷ホスピスで学ばせて頂きました。
ホスピス内の全ては患者さんを思う精神が形に表されていて、特に礼拝堂は美しく、心が洗われるようでした。
また、施設内は手すりがなく、全ての医療従事者が「私達があなたの手すりになります」とご自身の体を差し出し、患者と目線を合わす為に、ベッドサイドでは跪いて、向かい合うそうです。
驚く私達に、それは当たり前の事ですと、チャプレンの原田先生はおっしゃいました。
そこまでの想い、深さ、温かさにふれ、これがキリスト教の偉大なる愛なのだと感じました。
本当に素晴らしく尊いお時間でした。
場所: 聖隷三方原病院

宗派の枠を超えて